三重県に住む【藤丈なっく】が、
その日に見聞きしたりやったりした事を、イロイロと思った通りに書いていきます。
基本的に、ゲームやアニメや本などの事がメインです。
藤丈なっくのホームページ<伝電虫>へ戻る

 視聴したテレビ番組

  • <アニメ>
  1. ハイキュー!!セカンドシーズン 「第8話 幻覚ヒーロー」
    この作品の名台詞ベスト3に入る「その瞬間が、お前がバレーにハマる瞬間だ!」があった。
    ただ、月島に烏丸での活躍を語る月島兄が、実はベンチにも入っていないなんて、キツイシーンもあった。
    申し訳ないケド、ここは飛ばさせてもらった。

     
  2. ダイヤのA 「第19話 因縁」
    沢村が試合に出ないから、話の盛り上がりは今1つだな。
    鳴や丹波が新球を投げたりと、漫画的な演出はあるが、実際の高校生もこういう場面はあると思います。

     
  3. 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 「第8話 寄りそうかたち」
    時折、凄みを見せる名瀬ですが、基本的には筋を通すいい男なんだよな。
    この作品のテーマは、名瀬がオルガに言っていたように、仲間ではなく家族なんだと気付かされた。

     
  4. 終わりのセラフ 名古屋決戦編 「第19話 深夜とグレン」
    小説版を読み始めたのだが、その影響でイイ意味で、アニメで見る色んなキャラクターへの見方が変わった。
    個人的にはクロウリーが中々の快男児で、視聴していて全く暗い気持ちにならなかった。
    ただし、グレンが自分の命を軽んじるのが小説版と違い、事態が切迫した段階にある事を思わせる。

     
  5. 赤髪の白雪姫 「第3話 約束、輝くその時に」
    王子と平民の娘が親しくすると、やはり身分違いだからと引き離す勢力が現れるよね。
    ハルカ侯爵に啖呵を切る白雪の気持ちの強さに圧倒されるシーンは、気持ちヨカッタ。

     
  6. ワールドトリガー 「第55話 デッド・オア・アライブ
    しばらく単独のゲリラ戦的な戦闘ばかりだったから、今回の部隊戦は久々に新鮮な気持ちで視聴できました。
    修の発案で危機を乗り越えたり、最前線の隊長としては今1つだけど、修は指揮官としての才能はホントにあると思うよ。

     
  7. ハイスクールD×D NEW 「第8話 授業参観、始まります!」
    今回の展開は落ち着いてたなー。

     
  8. ハイスクールD×D NEW 「第9話 後輩、できました!」
    新キャラクターが出てきて、別の方向に盛り上がってきたなー。
  • <アニメ以外のテレビ番組>
  1. [情報番組] WBS 「2015年11月23日(月)放送分」
     
  2. [ドキュメント] NHKスペシャル いのち 「瀬戸内寂聴 密着500日」
    途中で視聴を止めてしまいました
    全体的に暗すぎましたからね。

     
  3. [情報ドキュメント] ガイアの夜明け 「“鮮度”を運ぶ!」
    この番組は、前半は面白いケド、後半が今1つとか、その逆もありますが、今回は全体的に興味深く視聴できました。
    しかし、後半はCMが多かったな(苦笑)。

     
  4. [大河ドラマ] 花燃ゆ 「第47話 姉妹の約束」
    ここ何回か、ホントに盛り上がりがなく面白くない。
    まあ、維新が成ってまとめの段階にきてるからなー。

     
  5. [ドラマ] 放送90年ドラマ 経世済民の男 「第5回(全5回) 鬼と呼ばれた男 〜松永安左ェ門*1〜」
    傍若無人に振る舞う姿と、吐き出すように本音を語るシーンの落差がとても印象的だった。

*1:まつなが・やすざえもん